2009年06月21日

毛虫パニック

私は虫が苦手。

家庭菜園をしているといろんな虫に出会いますが、過去最強の虫が出現!

我が家の松の木に毛虫が大発生がく〜(落胆した顔)

最初は数匹見つけて「気持ち悪いな・・・」と思っていたら、あっという間にウジャウジャ。

虫嫌いの人は読んでいるだけでもゾワゾワするかもしれませんが、本物はスゴイです・・・。

ひとさし指くらいの大きさで、本当に気持ち悪い。

だんだんと行動範囲を拡大し、玄関周りの壁に張り付くようになりました。

毎日玄関を出るのが憂鬱になる程。

しかし、人間慣れるものです・・・。

棒を使えばつぶすことが出来るようになりました手(チョキ)

つぶすと「きゅ〜」という音をたてて、緑色の液体を吐きます顔(なに〜)

自分で消毒するにも(怖くてできないけど)はしごを使っても手が届かないくらい背が高いし・・・。

ダンナさんに相談すると

「そのうち蝶々(蛾)になって飛び立つよ顔(イヒヒ)」とのんきなお答え。

そんな時、お義母さんからいいお話しがありました。

お義母さんのお友達がボランティアで外国人に日本語を教えていて、その生徒さんがアルバイトで植木屋さんをやっているとのこと。

お安い自給でやってくれるそうなので、玄関の松の木が伸びすぎているから切ってもらうといいよと紹介してくれたのです。

早速、通訳のお友達とペルー人のお2人が下見に来てくれました。

毛虫がいることを話すと全然気にしてない様子で

「ヤキニク〜」(食べるマネをする)と冗談を言っていました。

当日、電線ほどの高さの松の木は1時間ちょっとでなくなりました。

ついでに、他の植木も切りそろえてもらってスッキリ。

毛虫の巣窟が無くなりほっとしていると、行き場を失った毛虫達が非難して壁にたくさん張り付いているじゃないですか!!

仕方なく、一匹ずつ棒で落としてつぶしまくりました。

「シネ〜」と心の中でつぶやきながら・・・。

30匹はやっつけたかな。

まだ何匹か生き残っていますが、毛虫パニックはおさまりました。

人間(特に女の人)は年を取るごとに怖いものが無くなっていく気がします。



ニックネーム いくえ at 13:24| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする